2019年愛媛県岩城島の積善山三千本桜はの見頃はいつ?開花状況やアクセス方法も調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛媛県内1位と人気の高い積善山三千本桜(せきぜんさんさんぜんぼんさくら)という桜スポットがあります。

離島の為、しまなみ海道の最寄りICで降り、フェリーに乗り渡ることにはなりますが、離島ならではの瀬戸内海を『天女の羽衣』とも呼ばれる桜の絨毯とともに一望出来る景色となっております。

その積善山三千本桜の

  • 見頃
  • 開花状況
  • アクセス方法

について紹介していきます。

スポンサーリンク

積善山三千本桜の開花時期や見頃はいつ?

積善山三千本桜の開花時期はいつ?

昨年2018年は、3月26日開花、3月31日満開となってましたが、今年も暖冬の影響があり去年と同時期かやや遅くなりそうです。

そう考えると、3月26日開花、3月31日,4月1日あたりが満開と予想されます。

頂上の展望台枯れ眺める360度の素晴らしい景色!と、そこまでの道のり4kmの3000本の(今では4000本にまで増えてる)さくらも見渡すことができ、その眺めは『天女の羽衣』とも呼ばれ絶景となります。

  • 開花時期予想・・・3月下旬、3月26日あたり
  • 満開次期予想・・・4月初旬、3月31日~4月1日
  • 開花状況のチェックはこちら・・・weathernews さくらCH.

  • 場所・・・〒794-2410 愛媛県越智郡上島町岩城

2019年積善山三千本桜の見頃は?

暖冬の影響でで3月25日開花、3月31日,4月1日あたりが満開となりそうなので、

ちょうど土曜日にあたる3月30日から5,6日の4月5日辺りまでと予想されますが、天候次第では4月6日(土)、4月7日(日)も桜は見れそうです。

暖冬となると例年より遅れがちになりますが、その理由として

桜は、

  1. 夏に次の春へ向けて準備
  2. 冬は寝て(休眠)過ごし
  3. ある寒さで目覚め(休眠打破)
  4. 春先の温かさで開花!

大まかにはこんな感じですが、

『あ、さむっ!そろそろ春に向けておきるか!』と準備を始め、
あたたたかくなった春の陽気につられ一気に開花するのですが、

3の「ある寒さ」が、暖冬の元エルニーニョ現象の影響で下がってきた偏西風の位置がちょうど福岡から関東辺りのラインを通り、ちょっとした偏西風の上下で影響を受けやすくなります。

※エルニーニョ現象についてはこちらをどうぞ

エルニーニョ現象が起きるとなぜ暖冬になるかを漫画入りでかみ砕いて紹介!

影響がもろに出るのは冬でも雪がほとんど降らないような、全国と比較すると元々暖かい冬の南九州なのですが、微妙なライン上でもある積善山も「ある寒さで目覚め(休眠打破)」が桜にとってはっきりとしない為、休眠打破が若干遅れ、結果開花がおくれます。

※下記の直前の予報をもとに最終確認してお出かけしましょう!

積善山三千本桜へのアクセス方法

積善山三千本桜へは陸続きではありません

広島と四国の間を結ぶしまなみ海道沿いの島になります。

よってフェリーで渡るのみになります。

車の場合は『三光汽船』 洲江港~小漕港が便利です。

洲江港、小漕港のアクセス方法

  • しまなみ海道から洲江港へ
    • 生口島北ICから車で約5分
    • 生口島南ICから車で約10分
  • 小漕港から積善山
    • 車で約20分
    • 徒歩で約110分(いわぎ桜まつりイベント日は8:00~15:00車両通行止めの為注意です)

洲江港、小漕港の時刻表と主な料金

洲江港、小漕港ともに、午前中は20分毎、午後は30分毎出港しています。

一点注意があり、小漕港を出る最終便が20:00ですので帰る時間には十分注意が必要です。

  • 洲江港
    • 6:40始発
    • 12:20まで毎時00分、20分、40分に出港
    • 午後は13:15から毎時15分、45分に出港
    • 最終のみ少し早く20:10
  • 小漕港
    • 6:30始発
    • 12:30まで毎時10分、30分、50分に出港
    • 午後は13:30から毎時00分、30分に出港
    • 最終20:00(要注意)
  • フェリー運賃表【 洲江~小漕航路 】

フェリー運賃表【 洲江~小漕航路 】 平成26年4月1日改定

洲江~小漕
片道基本料金
洲江~小漕
往復割引料金
3mまで 840円 1,600円
4mまで 990円 1,890円
5mまで 1,270円 2,420円
6mまで 1,480円 2,820円
7mまで 1,740円 3,310円
8mまで 2,030円 3,860円
9mまで 2,220円 4,220円
10mまで 2,470円 4,700円
11mまで 2,660円 5,060円
12mまで 2,830円 5,380円
12m以上
1m増すごと
340円
自転車
(人込み)
大人300円 大人590円
小児230円 小児460円
原付自転車
125cc未満
(人込み)
440円 870円
2輪自動車
750cc未満
(人込み)
590円 1,170円
2輪自動車
750cc以上
(人込み)
730円 1,450円
大人 150円 290円
小児 80円 160円

引用:「三光汽船株式会社」

事前に空き状況など問い合わせしてると問題ないでしょうね。

フェリーについてお問い合わせはこちら

※「三光汽船株式会社」0845-28-0035

まとめ

陸続きではない為、ちょっと行きにくい場所であるにもかかわらず例年13000人ほど訪れ、

愛媛県内で1位の人気桜スポットです。

苦労してたどり着いて頂上から見下ろして初めてわかる『天女の羽衣』と呼ばれる桜の絨毯!


足を運びたくなるのがわかる景色!

フェリーも細かい間隔で運行してますし、乗用車迄であればお手ごろな料金でのれます。

ただ、本文中にもありますが、最後の出港が20:00ですのでこれに乗り遅れないようにだけは要注意です!

お近くの方、まだ行ったことなければこの機会に一度自分の目で『天女の羽衣』を見に行くのはどうですか?





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
//Google AdSense効果的な貼り方 // PCで表示させたい内容