夏の大曲花火2019の日程と、予約可能な駐車場と方法を調査!

夏の大曲花火2019 イベント
スポンサーリンク

 

日本三大花火の一つ、夏の大曲の花火『全国花火競技大会』

2019年で第93回にもなる大曲の花火『全国花火競技大会』は珍しい明るい時間に打ち上がる昼の部の花火(時刻は夕刻)もあり、合わせて3時間を越える打ち上げ時間となります!!!

 

これだけ見ごたえもある為、降雨時でも60万人、天気が良いと80万人もの訪れます。

 

さすがにこれだけ集まると、近場に駐車場も空いてるわけもなく。

 

そこで今回は、

  • 夏の大曲花火2019 の日程
  • 抽選で止められる駐車場

以上調査しました!

 

 

 

スポンサーリンク

夏の大曲花火2019 の日程

 

  • 開催日:2019年(令和元年)8月31日(土)
    • 夏の大曲の花火『全国花火競技大会』は毎年8月最終土曜日開催
    • 雨天決行
  • 競技時間:
    • 昼花火の部17:30~18:15
    • 夜花火の部18:50~21:30
      • 大会提供花火打ち上げ予定時刻20:45頃
  • 開催場所:〒014-0057 秋田県大仙市大曲花火大橋下流河川敷

 

観覧席の販売などもあります。

 

 

開催日は毎年8月末の土曜日と決まってるのですね!

これは事前に予定が立てやすいですが、

その労力たるや相当なものです。行くまで。お金が高いわりに感動がない。

引用:花火大会2019

観覧席にでも座られたのでしょうか?

60万人~80万人きますからね、予定立てやすく日程が早々分かってても恐ろしい労力が想像しただけでもうかがえます( ;∀;)

 

 

そして!これだけの大イベントですので、実はほとんどの駐車場やホテルは常連さんや関係者により埋まっています!

 

 

2㎞を越えると空いてる駐車場がありますが、近場にも公平な抽選で取れる駐車場があります。

そこで、

 

 

 

駐車場どこへ?

 

唯一公平に抽選で予約できる駐車場

 

メイン会場付近にもテント併設想定で、5カ所(平成30年時)1000台分抽選にて予約できる駐車場があります。

 

場所

 

予約抽選駐車場Map

出典:テント設営可予約駐車場 – 大曲の花火ポータルサイト(2018)

オレンジピンクなどで塗りつぶしてある地域は、花火が終わっても規制の為24時まで車を動かすことができません!(;’∀’)

渋滞で街を脱出するときは日付が変わることもあるとの事で、あきらめて余韻を楽しむのが賢明です!

以下の表でいくと、8番だけ規制からはずれてますね。

 駐車場番号 観覧場まで

のおおよその

距離

 予定台数  前年申込数  環境整備協力金

(1) 1区画

(2) 2区画

(3) 3区画

備考
 8番  約2.3km

地図の表示

 360台  96件 (1) 3,000円

(2) 6,000円

(3) 9,000円

規制区域外

低倍率

 13番  約2.0km

地図の表示

 263台  202件 (1) 3,000円

(2) 6,000円

(3) 9,000円

規制区域内

ペット可

 27番  約1.8km

地図の表示

84台  140件 (1) 3,000円

(2) 6,000円

(3) 9,000円

規制区域内

キャンピングカー

不可

 10番  約1.1km

地図の表示

200台  112件 (1) 4,000円(2) 8,000円

(3)12,000円

規制区域内

高倍率

 36番  約1.7km

地図の表示

93台  416件 (1) 4,000円(2) 8,000円

(3)12,000円

規制区域内

高倍率

出典:テント設営可予約駐車場 – 大曲の花火ポータルサイト(2018)

 

前年の予約からも倍率が低いので、離れて観るもよし、多めに歩いて観るも良いですね(*’▽’)

※ペット同伴の方は13番のみの受付になります。

 

予約方法

 

  • 往復はがきのみでの受付
    • 2018年は、6月12日からの受付
    • 当落の返信は7月上旬発送開始
  • 第二希望まで記入可
  • 1申込みにつき3区画(3台)迄。

 

狙ってる人にとっては待ち長いかな?

 

往復はがきの記入方法が、

92回大会テント設営可予約駐車場の申込方法(846KB)

こちらに書いてありますので、書いて準備しておくのも手ですね

 

 

 

利用にあたって注意点

 

ひと区画6m×10m!!ゆっくりとめれます!

広いスペースからかテントのみはダメで、自動車は必須となります。

自転車や、バイク、徒歩での利用はできないってことですね

 

 

ホテルもまず取れないので、予期実は日曜日ですので車中泊前提でもいいですね。

 

場所によっては予定台数割れしてるとこもあるので穴場的駐車場になると思います。

 

 

ただ、ホームページなどで強く断りが入ってますが、

キャンプ場ではありません!

キャンプ場ではないので、大声で騒いだり、直火禁止です。

カセットコンロや、脚付きの物は火OK という事なので、節度やマナーを守りましょう。

 

 

あ、もう一つ、

駐車スペースからは花火が見えないと思ってください!

最前列ならよいでしょうが、テントありきの駐車場なので陰になって見えないことからの注意書きです。

心を広く楽しみましょう(*’▽’)

 

 

【参考】規制情報

 

2018年版交通規制図表http://www.oh-hanabi.com/92th_kisei.pdf

 

 

 

まとめ

 

60万人から80万人集まるだけあり、中心部に近づくほど予約も数年先となってるところも多数あり予約抽選やツアーなどの方が確実性が高いですね。

 

とはいえ、自分的に圏内であればまだ生で見たことない人にとっては一度は行っておきたいはずです。

 

夏休みの締めに、抽選通ればテント持ち込んでの花火観賞も良い思い出になりそうです(*^-^*)

 

 



 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました