中秋の名月2019年はいつ?東京で見える時間や方角、おすすめスポットを調査!

スポンサーリンク
中秋の名月2019年はいつ?東京で見える時間や方角、 おすすめスポットを調査!

秋といえば十五夜、中秋の名月が有名ですね。

秋は空が澄み渡り月の高さもちょうどよいことから、お月様が綺麗に見えます。
昔の人は体感でよくこういうことを知ってますよね

せっかくですから良いポイントで綺麗なお月様を見たいですよね?

 

そこで今回は、なぜ中秋の名月が旧暦の8月15日かということをちょっと説明しつつ

  • 東京での見える時間や方角
  • おすすめスポット

以上調査してみました。

 

スポンサーリンク

2019年の中秋の名月は9月13日

中秋の名月は旧暦では8月15日と決まっていますが、新暦では「毎年8月15日」のようには決まっていません。

”今年はO日””来年はO日”とは決まってるんですけどね。その理由をちょっと説明します。

中秋の名月の日が毎年違う理由

中秋の名月は旧暦の8月15日の夜の月

この旧暦ですが、月が見えない新月から満月に変わり、また新月に戻るまでを一か月としていました。

なので真ん中の満月は15日

旧暦の秋は7~9月。その真ん中、「中秋」だから8月となり、旧暦の8月15日と言われます。

ただ、 お月様を基準として新月から新月を一か月としているため一か月が約29日、1年が354日となり現在より11日少なくなります

そのため3~4年に一度、豪快にも一か月足す『閏月』のある年があります。なので一年がたまに13ヶ月になります!

新暦では調整に四年に一度うるう年があり一日足しますよね?
あれの一か月版です!

そのため 新暦と旧暦では最大1ヶ月ほどのズレが有るため、
旧暦8月15日を新暦にした時、9月7日~10月8日間になるのです。

時の基準が月と太陽と違う為にこうなってくるんですねー。

東京での見える時間や方角

東京での9月13日の、月の出月の入時刻は、

  • 月の出時刻 17時45分
  • 月の入時刻 04時06分

※平坦な地で地平線に出る時間、沈む時間と思ってください。

24時あたりに南の方角にちょっと首を上げたぐらいのとこに見えますので 、方角と時間を考えてみると良いでしょう。

 

方角と、昇って沈む範囲は全国的にほぼ変わりません。
「月の出・月の入りマップ」 さんを参考にさせてもらいちょっとした図を作ってみました。
中秋の名月

全国的に方角はだいたい同じで、

東より少し南から月は上り、西より少し南に月は沈みます。

アナログ時計で例えると、【3を東】【9を西】とした時、『3と4の間から上り』『8と9の間に沈む』となります。

月の出の時間は、札幌と東京はあまり差がありません。東西の差があまりないからです。逆に東西の距離がある九州と東京は30分ほど差が出ます。

目安の表を書いておきますね。

地域月の出月の入
札幌17時49分03時46分
東京17時45分04時06分
大阪18時01分04時25分
福岡18時21分04時48分
スポンサーリンク

中秋の名月おすすめスポット・東京編

 

 

東京タワー

昼間限定で開放している外階段を、中秋の名月が見れるこの日に限り22時まで夜間解放されます。
600段ある階段は名月が見やすいようにと、上部と足元の電気をあえて消してあります
ですが、とても明るい月のために十分な明るさはありますので、雰囲気を味わいながら登ることができます。
600段あるので小さいお子様連れの方にはちょっと大変とは思いますが、十五夜らしくお団子やすすきが355段目付近の踊り場にお供えしてあるので、そこまで目指すのも風情があって良いですね。

 

砧公園

お花見でもとても人気の公園ですが夜になると星空を見ることができます。

周りの建物も近く少し明るいため天の川を見るまでは難しい感じですが、空が広く見えますので名月を見るにはとても良い場所です。

広い芝生もあるので、お月様とともに星空を寝っ転がって見るのもおすすめですよ。

公園っていうこともあり家族連れ、カップル、友達同士いろんなパターンで来れます。

24時間営業で付属の駐車場(177台/1時間300円)もあるので、車で来ても大丈夫です。

スポンサーリンク

善福寺川緑地

 

この投稿をInstagramで見る

 

夜明けの三日月🌙 …東京から出たいです🚕 #善福寺川緑地 #午前4時 #三日月 #お月様きれい #東京 #タクシー #タクシードライバーの日常 #女性タクシードライバー #taxiintokyo #taxidriverlife #femaledriver

noriko uchiyamaさん(@nori2896)がシェアした投稿 -

 

善福寺川にびっしりと植えられた桜の木が満開になると見事なため、お花見の名所として有名です。

川にまたがる橋の上からも空を見上げることができ周辺の景色と重なりカップルにも良い場所です。

桜の時期と違い緑広がる公園ですが、残念なことに付属の駐車場や周辺にコインパーキングも少なく車では訪れにくい場所です。
かといって駅もすぐ近くにあるわけではないので、 不便は不便なのですが「桜だけではないんだぞ」というのを見に一度は来てみたいですね。

 

石神井公園

流星群などの天体観測もよく行われる名所で明るくない広い空が公園から見渡せます。散歩道も整備されており、池の近くで空と湖面に映る月を眺めるのも素敵ですよね。

都心から少し離れているためちょっと億劫になりがちですが、都心から離れた光が少ない場所での名月もとても良いものです。

ちなみにこの池は昔ワニがいると噂され非常に話題になりました。結局捕まらなかったとのことなので実際はなんだったんでしょうね。

付属の駐車場が2箇所、42台と31台止められます。(1時間まで400円、以後30分毎に200円)
車でドライブがてら来るのもおすすめです。
月を見るということ自体がロマンチックなのでカップルにおすすめになりますが、もちろん公園ですので老若男女誰でもオッケーです。

スポンサーリンク

まとめ

明るい街の光で夜空に映える名月も少し存在が薄れそうですが、街の光に負けないほどの明るさで名月が見れるはずです。

ちょっと足を伸ばせばそこまで明るさの影響を受けない公園も数多くありますので、秋の空気を感じて人間穏やかに行きましょう。

9月13日は中秋の名月ですが、満月は翌日14日ですので改めて14日に真の満月を見に行くのも良いと思いますよ。

よい秋の夜長をお過ごしください。

 

 

スポンサードリンク

コメント

  1. […] 中秋の名月2019年はいつ?東京で見える時間や方角、おすすめスポットを調査! […]

コメントフォーム下




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました
公開日:2019年9月12日