東京オリンピックチケット二次抽選募集の日程と競技は?倍率・当たりやすさまとめ

スポンサーリンク

東京オリンピックチケット二次抽選募集が2019年11月13日(水)未明から始まります。

以前にも2次募集がありましたが、あれは1次抽選募集の2次募集(セカンドチャンス)ということで、

今回は正式な二次抽選募集となり、抽選販売としては最後の抽選販売となります。

新たに申し込みが出来る競技や、受付対象外の競技もありますので今回は

  • 東京オリンピックチケット二次募集の日程と購入方法
  • 東京オリンピックチケット二次募集の競技は?スケジュール・倍率・当たりやすさを予想!

などまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

東京オリンピックチケット二次募集の日程と競技は?倍率・当たりやすさを予想!

東京オリンピックチケット二次抽選募集の日程と購入方法

東京オリンピックチケット二次抽選募集の日程

抽選申込期間2019年11月13日(水)未明~11月26日(火)11:59
抽選結果発表2019年12月18日(水)
公式チケット販売サイト上の「マイチケット」で確認可能
購入手続期間

2019年12月18日(水)~2020年1月10日(金)23:59
※12月24日~1月6日11時59分まで手続き不可
※現金決済(コンビニエンスストア)での支払は1月12日(日) 23:59まで

※チケット販売所での店頭購入も、2020年春以降に予定

 

競技スケジュール

東京2020オリンピック競技大会では、史上最多の33競技・339種目が42の競技会場で開催されます!

2020オリンピックスケジュール

出典:公式オリンピック競技スケジュール

 

東京オリンピックチケット二次抽選募集の購入方法

  • 1次抽選募集と同じく公式チケットサイトでの購入
  • チケットの種類
    • 一般チケット
    • 車いすユーザーチケット
    • 同伴者チケット
  • 第二希望選択可
  • カスケードサービス可
    • 希望席に落選しても自動的にワンランク下の席でも抽選されるサービス
  • 最大当選枚数:18枚
  • セッションごとの最大申込、購入数は2~6枚
    • 開閉会式:2枚
    • メダルセッション:4枚
    • その他:6枚
    • 1次抽選など過去の販売含めセッション毎6枚まで
  • チケットの種類
    • 端末に表示:無料
    • 自身でプリントアウト:無料
    • 配送
      • 発行手数料324円/枚
      • 配送手数料824円/件
  • 支払い方法
    • クレジットカード(VISA):無料
      • プリペイド、デビット可
    • コンビニ決済:手数料432円/件

全競技の価格表…公式オリンピック価格表
PDF版

選択して閲覧できる分かりやすい価格表
公式チケット購入ページ

東京オリンピックチケット二次募集の競技は?倍率・当たりやすさを予想!

今回新たに申込ができる競技

今回の申し込みはボクシングが追加になってます。予選9日、本選6日の15日間開催です。

※クリックすると大きくなります。

元のPDF(全競技詳細日程)72ページ:約3.5Mb

https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/olympic/data/OL_ticket-guide_JPN.pdf

 

場所は国技館7300人収容とのことで7300人×25セッション=182500

関係者等に配られたりもするでしょうから、単純に6割~7割販売されるとして約11万~13万枚の販売になりそうです。

受付対象外となる競技・セッション(TOEQE04)総合馬術
クロスカントリー団体兼個人

受付対象外となる競技として”水泳”など一括りにしてあるものをよく見ますがそうではありません。

水泳
(マラソンスイミング)
8/5(TOOWS01)女子
8/6(TOOWS02)男子
陸上8/2(TOATH05) 女子マラソン
陸上トラック&フィールド
8/9(TOATM02)男子マラソン
馬術
(総合馬術(クロスカントリー))
8/2(TOEQE04)総合馬術
クロスカントリー団体兼個人
トライアスロン7/27(TOTRI01) 男子
7/28(TOTRI02) 女子
8/1(TOTRI03) 混合リレー

 

上記の競技スケジュールと合わせてみてくださいね。

 

当たりやすい競技や倍率は?

実は公式サイトから1次抽選時の申し込み傾向が発表されており、それによると

第1次抽選販売の申込傾向
✅過去大会で日本人がメダルを獲得している競技や、人気の高い競技を中心に、決勝セッションの申込は多かった。
✅最上位席(A席)と最下位席に比較的申込が多かった。
✅金曜日夜や土曜日開催のセッションは申込みが多かった。一部の競技を除いて平日昼間のセッションは比較的申込が少なかった。
席数が多い会場での競技や予選のセッション数が多い競技は比較的、申込が分散する傾向があった。

引用:東京2020オリンピック公式

 

よくメダルを獲り、人気が多くそこまで大きくない会場だと倍率も高そうです。

サッカーや、バスケット、ラグビーワールドカップで盛り上がったラグビーなどは、人気はとても高いのですが収容人数が多い為意外と当たりやすいようです。

 

ただ今回は用意されているのは100万枚ほどのチケット。

1次抽選販売では約350万枚でしたので比べると少なめの枚数になります。

100万枚のうち11~13万枚は今回新規抽選のボクシングとして、

1次抽選販売の売れ残り等33万枚、

残り50万枚ほどが新規の販売ですね。

1次抽選販売の売れ残り等33万枚がありますので、可能性として席が離れる場合もあるので注意ですね。

 

まとめ

取りやすいとされてるバスケやラグビーの注目選手が出場するセッションは倍率は高くなりそうです。総枚数も少ないですしね。

どれでもいいから応援したい!という人は少ないでしょうから人気の競技にはどうしても偏ります。

倍率高いとはいえ応募しないと当たりません。今回最後の抽選販売ですのでまずは応募してみましょう!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム下




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました
公開日:2019年11月12日