スポンサーリンク

新型コロナ接触確認アプリCOCOAのダウンロードとできないときの対処方法、設定方法を調査

スポンサーリンク

2020年6月19日15時から新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」がGoogleとappleのアプリストアから提供されました。(実際は16時になってもアプリが見つからずダウンロードできませんね。)

米Appleと米Googleが提携して定めた共通規格を使いBluetoothで接触情報を匿名で交換するこのアプリ、最小限の情報の保存とやり取りしかしない為設定なども簡単なのですが見たこともないので初めは不安ですよね?

そこで、ダウンロードから設定まで調べてみました。

・新型コロナ接触確認アプリCOCOAのダウンロード

・新型コロナ接触確認アプリCOCOAの設定方法

新型コロナ接触確認アプリCOCOAを使うと個人情報の心配もされてますが、その辺り問題が無いことも書いてますので見てみてくださいね

 

スポンサーリンク

新型コロナ接触確認アプリCOCOAのダウンロード

App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。
引用:厚生労働省ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

ですが、「接触確認アプリ」でもアプリ名「新型コロナウイルス接触確認アプリ 」でも出てこないようですね。
※Googleプレイストアでは「接触確認アプリ」で出てきます。

COCOAのダウンロードできないときの対処方法

iphoneの方は以下のリンクから直接いけます。
※Android版も出てきました!

 

iphoneはiOS13.5以降、androidはAndroid 6.0以上でないとダウンロードできません。私のiPhone6はiOS12なので、ダウンロードできませんでした。結構新しい機種でないとダメなのでしょうかね

新型コロナウイルス接触確認アプリ  /  iOS 13.5以上

↑App storeはこちら

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ
開発元:厚生労働省健康局
無料
posted withアプリーチ

 

iOS 13.5以上、Android 6.0以上が長くスマホ使う人にはネックかもしれませんね。

スポンサーリンク

新型コロナ接触確認アプリCOCOAの設定方法

インストール出来たら、アイコンをタップしアプリを起動します。

cocoa設定

このアプリでできること の説明から、

・プライバシーについて > 利用規約へ

・利用規約 > 規約に同意して次へ

・プライバシーポリシー > 同意する

順にタップし進みます。

・接触検地をご利用いただくために > 有効にする

※Bluetoothの設定なので忘れないうちにここで「有効にする」にしておきましょう。

・COVID-19接触のログ記録と通知を有効にする > 有効にする

※iPhoneへの許可。ここも選択肢がありますが、有効にしましょう。

・通知をご利用いただくために > 有効にする

※陽性反応が検出されたユーザーと接触していた場合に通知されます。

・”接触確認アプリ”は通知を送信します。よろしいですか? > 許可

 

ここまでで設定は終了です。

基本すべて有効にしないと意味がありません。Bluetoothは忘れずに有効にしておきましょう。

 

ホーム画面

ホーム画面では

・過去14日間の陽性者との接触確認

・自分が陽性と診断されたときに、他のアプリを持ってた接触者に伝えるための「陽性情報の登録」

・アプリのシェア

これらができます。

過去14日間の陽性者との接触が気になる、通知がきた、見逃した場合は、「陽性者との接触を確認する」をタップすれば確認できます。

cocoa確認

 

cocoa確認2

 

 

 

新型コロナ接触確認アプリCOCOAの仕組み

冒頭にも書いたように、米Appleと米Googleが提携して定めた共通規格を使いBluetoothで接触情報を匿名で交換します。

以下の条件の時におたがいが近くにいたという情報だけ14日間記録されます。

  • 「新型コロナ接触確認アプリ」通称cocoaをインストールしてる
  • Bluetooth > ON
  • 約1メートル以内に15分以上いた

「cocoa」をインストールしていて、BluetoothをONにしている端末を持ってる人同士が15分以上1メートル以内にいた。

この時、それぞれAさんBさんとした時、

Aさん > Bさんが近くにいた。

Bさん > Aさんが近くにいた。

お互いの端末に記録されます。位置情報は記録されません。

もし後日Bさんが発症、発症登録をアプリにした時初めて、

Bさんの過去14日間の接触記録情報をもとに、記録にある端末に送信されます。

 

その時Aさんとの接触が

・14日以内なら、
Aさんには過去14日間の間に接触した人で陽性の方が現れた通知が届き、

・14日を過ぎてれば、
お互いの記録は消えてますので通知は届きません。

 

あくまでも14日間で、続けて15分間以上近くにいた人で陽性になった人がいたか、いないか を教えてくれるだけですので、シンプルに考えると良いと思います。

 

新型コロナ接触確認アプリCOCOAで個人情報は洩れる???

初めに言いますと、公表されてるアプリの動作なら個人情報は洩れません。

その理由として、

  • 個人情報の入力が無い。
  • 位置情報は不要。
  • 端末同士が15分以上1メートル以内にいた(14日間保持)

これだけなので洩れません。

もし陽性の人がいた場合、「14日間に接触した人で陽性の人がいるよ」という通知に必要な情報だけでいいので、個人情報は必要ありません。

 

まとめ

iOS 13.5以上とAndroid 6.0以上と言う制限があるので、旧機種を大事に使ってる方にはインストールできない方も多いかと思います。

特にiPhoneは6辺り使ってる方もまだまだ見ますし。

 

しかし、このアプリは一人でも多くの方がインストールしてなんぼなので、みんなで見えない敵を少しでも見えるものにして防衛していきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム下




タイトルとURLをコピーしました
公開日:2020年6月19日