台風19号進路予想を米軍とwindyのヨーロッパとアメリカ国立気象局で比較!関東へいつ来るかも調査

2019-19

台風19号(ハギビス)が発生しましたね。

爆風で瞬間的に猛威をふるい、甚大な被害を残していった15号の復旧も終わらぬうちの台風に今後の進路や大きさが気になりますよね?

 

今回は、

  • 台風19号進路予想を米軍とヨーロッパとアメリカ国立気象局比較
  • 関東への影響も調査

以上調査しました。

 

スポンサーリンク

台風19号進路予想を米軍とヨーロッパで比較!関東への影響も調査

台風19号米軍(JTWC)の進路予想

米軍の台風情報(JTWC)最近は知名度も高くなりましたね。

米軍の台風情報(JTWC)https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html
直接最新の予想図へ飛びます→http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2019.gif

 

※最新情報10/9 21:00

 

気象庁の予報でも12日21時は『最大風速 50m/s(95kt)』と予想。

JTWCでは、12日21時は『最大風速 43m/s(85kt)』と、気象庁とほぼ同じ。やはり風が強いようですね。

10日辺りは最大瞬間風速170KTS(85m/s)だったので、そのままきていたらと思うと…。ぞっとしますね。

 

↓これは10月5日20時の進路予想図になります。

20191005no19

・10/06Z  130KTS などの表記は、日時と風速です。

日本時間にするには9時間足さないといけないのと、”130KTS”は「ノット(1852m/hr)」表記なので"m/s"に変えると分かりやすいですね。時間が秒になるので3600で割るのですが、雰囲気的には2で割ればOKです。KTS=1852m/hr=1852m/hr ÷ 3600=約0.5m/sです。

”130KTS”は、約75m/sですね。

非常に大きな台風と予想されますね.

 

台風19号「ヨーロッパECMWF」と「アメリカ国立気象局国立環境予測センターGFS」の進路予想

ここでは、アプリやブラウザの『Windy』を使用しての進路予想です。

あらゆる気象状態を視覚化してくれる『Windy』についてはこちら↓をどうぞ。

『Windy』台風などの風や天気におすすめシミュレーション予想図はこれ!android版iOS版もあり
windy。天気天候に関する、風、台風、雨、雷、雪、気温、気圧、海や波の状態、空港の場所、他特殊なものまであらゆる情報を得ることができます。視覚的にインパクトがあるので台風接近時には特に役立つでしょう。米軍合同台風警報センター(JTWC)も参考に。

Windy』ではECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)のデータを利用していてかなり予想に近く通ることが多いです。

GFS(アメリカ国立気象局国立環境予測センター)と合わせ比較できるので、万が一の備えもしやすくなるので色んなパターンを見ておくのは大事だと考えます。

 

10月9日12時での予想図です

※ほぼ変わらなくなってきたので、千葉に一番近いであろう13日1時と4時を追加してます。

10月11日9時から1日毎キャプチャを並べてみました。

5日の予想より、早く、太平洋寄りの進路に変わってますので、

週末九州に上陸が関東最接近に変わってます。

10月11日9時のキャプチャ

11日9時ECMWF4

11日9時ECMWF4

11日9時GFS4

11日9時GFS4

 

10月12日9時のキャプチャ

12日9時ECMWF4

12日9時ECMWF4

12日9時GFS4

12日9時GFS4

GFS(アメリカ国立気象局国立環境予測センター)の予想の方が少し早い進路になってますね。

 

10月13日1時4時の風雨予想キャプチャ

関東通過中の13日1時と4時の雨予想キャプチャ

13日1時雨

13日1時雨

13日4時雨

13日4時雨

15号で被害のあった千葉は、大雨をまともに受けず多い中でも多少は少なくすみそうですが、、、

風の影響は強そうです。以下が13日1時と4時の予想キャプチャ

13日1時風

13日1時風

13日4時風

13日4時風

強い風はまともに千葉を通りますね。12日の夜から13日の明け方までで通り抜けそうですが、

風の最強エリアが長い時間千葉を通る予報なので備えておきましょうね

 

 

10月13日9時のキャプチャ

13日9時ECMWF4

13日9時ECMWF4

13日9時GFS4

13日9時GFS4

両予想とも12日未明の通過におおよそ固まってきましたね。

関東直撃、駆け足で嵐のように過ぎ去りそうです。

・進みが早い=風が強い

・進みが遅い=雨が多い

とのことですが、今回は「進みが早い=風が強い」が当てはまりますね。

これ以上東に進路が変わらなければ15号で甚大な被害にあった千葉県に雨も降り続くこともなさそうですが、多少の雨、強い風は覚悟しておいたほうが良さそうですね。

 

最新の米軍の台風情報(JTWC)予想はこちらをどうぞ

米軍の台風情報(JTWC)https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

直接最新の予想図へ飛びます→http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2019.gif

台風19号の関東への影響

5日20時の予報の流れで行くと、本州を添うように進み15日16日に大きな影響がありそうでしたが、

新しい予報では12,13日あたりには関東への影響が確実にありそうです。

あっという間に通り過ぎそうですが、強い台風なので何かと影響が考えられます。

Windy,米軍、気象庁、どれもほぼ決まってきたので関東通過時12日23時と13日3時の雨予報も並べてみました。

・12日23時

12日23時ECMWF4雨

12日23時ECMWF4雨

・13日3時

13日3時ECMWF4雨

13日3時ECMWF4雨

関東は18時以降は強い雨風にみまわれそうです。

千葉県への影響が最小限だとよいのですが。。。

 

 

まとめ

連休中の九州地方直撃は免れそうにない予想でしたが変わってきそうです。

かなり大型な予想でもありますし、12,13日あたりには関東への影響がありそうですので十分に気をつけましょう。

ハギビス:フィリピンの言葉で「すばやい」の意味だそうですが、一気に駆け抜けそうですね。

おおきな影響がないことを切に願います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

10月7日8時点の予想図です

10月11日9時から1日毎キャプチャを並べてみました。

5日の予想より、早く、太平洋寄りの進路に変わってますので、

週末九州に上陸が関東最接近に変わってます。

10月11日9時のキャプチャ

11日9時ECMWF2

11日9時ECMWF2

11日9時GFS2

11日9時GFS2

2つの予想が変わってきてます。

 

10月12日9時のキャプチャ

19号12日9時ECMWF2

19号12日9時ECMWF2

12日9時GFS2

12日9時GFS2

GFS(アメリカ国立気象局国立環境予測センター)の予想の方がより早く+太平洋寄りの進路になってます大きくなってくてますね。

10月13日9時のキャプチャ

19号13日9時ECMWF2

19号13日9時ECMWF2

13日9時GFS2

13日9時GFS2

5日の予想では九州でしたが、関東直撃、

GFSの方は通過してます。

 

10月14日9時のキャプチャ

19号14日9時ECMWF2

19号14日9時ECMWF2

14日9時GFS2

14日9時GFS2

5日の予想では月曜の14日祝日は、どちらも九州直撃の予想でしたが、

7日の予想ではすでに過ぎ去ってます。

 

スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム下




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました
公開日:2019年10月5日