野村克也さんの死因・病名は?入院先や近年の病気など調査

スポンサーリンク

ノムさんこと野村克也さんが亡くなったと衝撃の報道がありましたね!

最近では1月21日に金田正一さんお別れの会に出席したばかりでしたので驚くばかりです。

野村克也さんの不法ですが一体何が原因だったのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

野村克也さんの死因・病名は?

※息子さんである野村克則さんのインタビューで病名が判明しました。

死因は『虚血性心不全』

2年前に他界した妻、沙知代さんと同じ病名です。

−連絡はいつ

「(午前)2時過ぎぐらいですかね。ちょっと、様子がおかしいということで、救急車で運ばれまして、その後病院の方で懸命に治療していただいたんですけど、死亡が確認されたのは、3時半ですね。死因のほうは虚血性心不全、おふくろといっしょだと。なんとか望みがあるのかなと思って、ずっと連絡を待ってたんですけど、その報告を病院からもらって」

引用:デイリースポーツ~野村克則氏 最後にかわした言葉は「頑張れよ」両親は「いいコンビだった」【一問一答】

第一発見者は家政婦さんと言うことで、浴槽の中でぐったりしている野村克也さんを最初に見つけたそうです。

『虚血性心不全』を引き起こしたのは『ヒートショック』ではないか友いわれているようですね。

 

ヒートショックとは
急激な温度の変化で身体がダメージを受けることです。

入浴中に亡くなるのは
全国で年間約1万4000人と推測されていますが、
原因の多くはヒートショックである可能性があります

浴室とトイレは家の北側にあることが多く、
冬場の入浴では、暖かい居間から寒い風呂場へ移動するため、
熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。
お湯につかると血管が広がって急に血圧が下がり、血圧が何回も変動することになります。
寒いトイレでも似たようなことが起こりえます。

引用:ヒートショックとは - 日本医師会

 

現在のところまだ発表されていませんが、2017年に最愛の妻野村沙知代さんが亡くなってからは一気に元気が無くなったのは目に見えてわかるところでしたね。

病で倒れたとしても、野村沙知代さんの存在は一番の大きいところであり原因の1つに上げても良いのではないかと感じます。

 

過去には2010年に解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)で入院。

2014年に再発しています。

解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)について、

主要な臓器への分枝血管にまで(解離→)裂け目が進展すると、血流障害によって各種臓器が虚血壊死を起こし、で死に至ることもあります
引用:日本血管外科学会~解離性大動脈瘤(大動脈解離)って?

死に至ることがあるようなので、もしかしたら再発したのでしょうか?

分かり次第追記いたしますm(__)m

※株式会社楽天野球団 立花陽三代表取締役社長から

死因は『虚血性心不全』

と発表がありました。

2年前に他界した妻、沙知代さんと同じ病名です。

 

野村克也さんの入院先

警視庁によると、この日未明に都内の自宅から病院に搬送され、その後死亡が確認された。

引用:スポーツ報知https://hochi.news/articles/20200211-OHT1T50032.html

自宅から搬送されたとのことで、倒れた?ときは入院はしてなかったようです。

 

ただ、次の項目で書いてますが、2010年に入院されていていた新宿区にある慶応病院には病院側が野村克也さんのことを熟知しているでしょうから、入院していた時期もあると考えられますね。

 

野村克也さんの近年の病気など

野村克也さんの近年の病気ですが、公に公表されてるものはあまりなく、

2010年に入院、そのときの病名は解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)。

再発の可能性がある病気なので心配されてされていたのですが、2014年に再発してしまいました。

その後は都内の病院に入院していたこともあったようですが、大きな病気を伴ってのものとしては報じられてはいませんでした。

 

 

まとめ

野村克也さんの死因・病名は?入院先や近年の病気など

  • 現時点では不明
  • 倒れた?ときは入院はしていない
  • 2010年に解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)で入院
  • 2014年に再発

近年車椅子を利用されていましたが、足腰に衰えが見られ移動の際に体への負担が大きいということで利用されていたようですね。ご病気と直接関係なかったか気になるところでもありますが…。

非常に残念ではありますが、野村克也さんのご冥福をお祈りします。

 

 

スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム下




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました
公開日: