縛りなしWifiは月額が安い!評判とプランの比較とメリットデメリットを詳しく調査!実機種を使用しての感想も!

縛りなしWifi 個人的に超おすすめ!

『縛りなしWi-Fi』というサービスをご存じですか??

最初から定額でズーっと安いモバイルWi-Fi。

1,2か月だけ安く、その後高くなったりせず、

最初から定額でズーっと安いモバイルWi-Fi!

 

 

初期費用が全くかからず月額3300円(税抜き)のみでほぼ制限なしでデータ通信が利用できる

国内専用のレンタルのWi-Fi(モバイルルーター)です!

 

よく”業界最安値!”とバナーがあったり比較サイトで見たりしますがそれは、

  1. 最初の数ヶ月だけ安くその後4000円前後であったり
  2. 貰いにくいキャッシュバックを貰った前提で、縛り年数の支払い総額からキャッシュバック分を引き、月数で割った額が安い…とか
  3. 使い放題でなく7ギガプラン

等々あり、実際月額の支払いが3500円(税抜き)前後~ばかりですよね?

2.にいたってはキャッシュバックまでもらいトータルで見ると月額3100~3200円と安いですが、実際は3ヶ月目から約4200円(税抜き)の支払いが解約月迄続きます。

 

高額キャッシュバックは魅力的ですが、簡単に貰えるわけでもないうえにうっかり貰い忘れる事が多く、手続きもひとつ間違えると貰えないようで大変。
高額キャシュバックを貰えれば解約月迄のトータルが安いとはいえ、消費税を含めると月々5000円が近くなる金額を払い続けるのは安いと感じにくいですよね?

 

 

今回紹介する縛りなしWiFiは、

  • キャッシュバック貰い忘れの心配
  • トータルでは安いが月々の支払いが意外と高い

こんな悩みを一掃!

 

オプション無しで月額利用料金が3300円(税抜き)を越えることなく(新プランに至っては月額利用料金が2800円(税抜き)!)シンプルなプランのみ!

 

 

使えば使うほどお得な私イチオシのポケットWi-Fiですが、気をつけることが無いわけではありません。

その点を含め、

  • 縛りなしプランと縛っちゃうプランの違い
  • 縛りなしプランと縛っちゃうプランそれぞれのメリットデメリット、注意点
  • 取扱い端末のうち、「W04」と「601HW」new023_16602HW」の使用感や実際の速度

この辺りを調査してみました!実際に縛っちゃうプランで契約しました!手続きから手元に届くまで。

 

 

縛りなしWifiとは

縛りなしWiFiとは

  • 通信制限なし!(端末により10GB/3日、3GB/1日など越えると一時的な速度制限あり)
  • 契約期間の縛りなし!
  • 最短翌日発送!
  • 端末本体代金なし!
  • 事務手数料なし!
  • 初期費用一切なし!月額利用料金が3300円(税抜き)のみで利用可能!

キャッシュバックは無いものの、安い月額料金で、2年や3年といった縛りなしで使える優れもの!

過去には、月額利用料金3300円(税抜き)が1年を越えると以降はずっと月額利用料金2800円(税抜き)になる更にお得なプランでした。

しかし、新プラン登場とともに1年を越えると以降はずっと月額利用料金2800円(税抜き)が廃止になりましたが、この新プランがさらに安いのです!!

 

その名も

縛っちゃうプラン!

最初から月額利用料金2800円(税抜き)で始まります!

残念ながら名の通り縛りができ3年縛りになるのですが、安い!!

 

従来のプラン『縛りなしプラン』

新プラン『縛っちゃうプラン』

 

ここで2つのプランの説明をしますね(#^.^#)

 

早くも気になった方はこちらへ↓↓

縛りなしプランと縛っちゃうプラン

 

縛りなしプランと縛っちゃうプランを比べた表です。

縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
初期費用 0円 0円
送料 無料 無料
月額料金 3,300円
(1ヶ月目日割り)
2,800円
(1ヶ月目日割り)
契約期間 なし 3年
端末 ・WiMAXもしくは
Softbank(選べない)
レンタル
・601HWシリーズ
買取
端末弁済金 39,800円 なし
契約解除料(違約金) なし 15,000円と、
契約残月数×1,200円
解約時の返却物 WiFi端末
USBケーブル
SIMカード
共通オプション
安心サポート
(万が一の費用負担を軽減)
1台あたり500円/月
モバイルバッテリー 300円/月

※料金は税抜き価格です。別途消費税が付きます。

 

大きな違いとしては

  • 縛りなし【端末はレンタル】
  • 縛りあり(3年【端末は買取】

この2点くらいなのですが、この”端末がレンタルか買取か”をもとに「壊れちゃった」「3年経たないけど解約しようかな」の様な予定外の時に発生する料金がそれぞれあるので、

『月々の支払いが安い方がいい!』と契約した管理人の感じたそれぞれのメリットデメリットを紹介していきますね

 

縛りなしプランのメリット

 

  • 月額料金だけで始められる!
  • 解約するまで月額利用料金3300円(税抜き)が変わらない
  • 契約期間の縛りなし!

 

両プラン共通ですが、事務手数料、端末料金、送料等初期費用が全くいらず、初月から月額料金のみの支払いになります。(オプション付ければもちろんその分上乗せ)

 

最低1か月の利用は必須なのですが、2,3年後に料金が上がることもなく永年定額も魅力です。

 

そして縛りが無いので好きなタイミングで解約できる為、「更新月はいつ??」や「そろそろ解約月じゃなかったけ??」の様なことで神経使う事もありません!

 

 

縛りなしプランのデメリット、注意点

 

  • 解約時は機器の返却
  • 大きな傷などあると、弁済金39,800円の発生の可能性あり
  • 端末が選べない(事前調査の電波の良し悪しがある時WiMAX機かSoftbank機は選べる)

 

縛りなしプランは『レンタル』になるので、解約時は契約時に届く『端末』と『USBケーブル』の返却が必須です。端末はなくさないでしょうが、USBケーブルは出さずに手待ちの物を使い送付の物はなくしがちですので注意が必要です。

 

弁済金にも注意が必要で、過失による・紛失・故障・画面割れ・水没などはもちろんですが、『レンタル機』という手前大きな傷や擦れなど、使用感満載になっても弁済金39,800円が発生しますので長期の利用には注意が必要です。安心サポートプランの加入で、10,000円(税抜)で済みます。

もっとも長期利用になれば『縛っちゃうプラン』がさらに安いのでそちらがおすすめです。

 

 

2019年6月時点での取り扱い端末は

  • 630HW(SoftBank)
  • W04(WiMAX)
  • WX05(WiMAX)
  • 502HW(SoftBank)

通信可能なエリアなどこちらに↓

 

端末が選べなく、発送後の交換もできません。注文前に通信可能なエリアか調べ、電波が入らない場合に限りWiMAX機かSoftBank機を選び注文時に伝えることは出来ます。

 

あと、月間の通信制限はありませんが、

  • WiMAXは10GB/3日を超えると一時的に制限
  • SoftBankは3GB/1日を超えると当日速度制限

と、あまりに多量の通信を行うとよくある速度制限はかかります。

しかし、よほど動画見っぱなしでしたり一度にアプリをダウンロードしたりすると速度制限がかかる可能性はありますが、ほとんどの人はまず問題なく使用できるデータ量です。

 

 

縛っちゃうプランのメリット

 

  • 月額料金だけで始められる!
  • 月額利用料金2800円(税抜き)と安い!!
  • 端末は買取の為、返却不要(SIMは返却)

 

縛りなしプラン同様、事務手数料、端末料金、送料等初期費用が全くいらず、初月から月額料金のみの支払いになります。(オプション付ければもちろんその分上乗せ)

 

料金も月額利用料金2800円(税抜)とかなり安いです!!

 

端末も買取の為、曲がろうが割れようが自分で使用できれば期間満了時に料金は発生しません

もちろん修理するとなると料金はかかります。(詳細は縛っちゃうプランのデメリットへ)

 

 

 

縛っちゃうプランのデメリット、注意点

 

端末が買取という形態の為、携帯電話の様なデメリットが並びます。

  • 36か月目のみ0円で解約
  • 端末は601HWシリーズ一択の為、Softbankエリア外だと×
  • 縛り期間中の解約料金は、『契約解除料15,000円(税抜)』と『残月数×1,200円(税抜)』の端末代金
  • 端末が壊れ修理する場合は、39,000円(税抜)で代替機と交換
    • 安心サポートプラン加入者は10000円(税抜)
    • 新品ではなく中古端末での交換。端末の選択は不可
  • SIMカードのみ返却

 

メリットのわりにデメリットが多く並びますが、携帯電話などと変わらないデメリットと思います。

ただ、転げ落ちて車に踏まれ木っ端微塵、お風呂やトイレに落下、など不慮の事故の時金額が大きいので、しっかり解約月を意識していただこうと思い書き並べました

 

安心サポートに加入すると”もしも”の時安心ですが、月額の安さが活きてきません!

よほど雑に扱うか、運が悪くないと壊れる事わないと思います。

「でもやっぱり何かあったら不安…」という方も安心サポート料金500円足しても3300円(税抜)と十分安いので加入しても良いとは思います。

 

 

解約タイミングに注意

縛っちゃうプランのデメリットでの要注意点は3点。

解約月を覚えておくことと、解約月(36か月目)までに解約するとお金がかかる!と、SIMカードだけは返してね♪と言う事。

 

解約月を知るには、1か月目を知ることにはじまります!(格言みたい)

端末が届いた日=1か月目

となります。1日に届いても20日に届いても30日に届いても、日割り計算の料金で1か月目とカウントされます。

そして36か月後は、三年後の一か月前と覚えれば簡単かと思います。

  • 2019年7月が1か月目なら、「三年後の一か月前」で
    2022年6月が36か月後の解約月
  • 2019年9月が1か月目なら
    2022年8月が36か月後の解約月

届いたルーターに期日を貼り付けてると間違いないでしょうね。

あまりに月の境に届き分からない場合は、

縛りなしWiFi電話問い合わせ窓口
0800-600-0209

こちらに問い合わせると問題ないでしょう。

届くメールにも

▼提供開始日
────────────────────────────
本メールの受信日、または端末が到着した日のいずれか遅い日となります。
端末到着月が1ヶ月目となります。

こう書いてますが、しっかりした日付は入っていませんので、

困ったら問い合わせですね(#^.^#)

 

初期契約解除制度があるが…

 

初期契約解除制度をご利用いただくには、サービス利用開始日から起算して8日間以内に下記のご対応をお願いします。

・お問合せフォームから初期契約解除制度利用の旨を弊社にご連絡ください。
・申請書類に必要事項を記載の上、弊社へSIMカードと申請書類の発送をお願いします。

引用:≪縛りなしWi-Fi≫発送完了とご契約内容のご案内メールより

こちら、サービスだけの初期契約解除なので、端末を一括お買い上げになります!

+事務手数料3000円も!

なので、実質実用的な制度ではありません。しっかり間違いないよう契約しましょう。

 

 

 

クーポンはないの??

 

『申し込みにクーポンコードの書き込み欄はあるが、クーポンコードが存在しない⁉』

こんな情報ばかりでしたが、最近は『AMAZONギフト券3,000円分贈呈!!』キャンペーン(2019/4/30で終了してます)をやっていたので、今後クーポンコードの配布があるかもわかりませんね。

 

 

 

キャンペーンなどの情報は、こちら↓の『縛りなしWiFiの公式アカウント』をチェック!

縛りなしWiFiの公式アカウント

 

 

「W04」と「601HW」「602HW」の使用感や実際の速度

 

参考までに、他社契約の物ですが「W04」と縛りなしプランで契約してる「601HW」の速度をスクショしましたので参考にどうぞ。

new023_16今回縛っちゃうプランを新規契約すると『602HW』が届いたので追加しました。

※両機ともコンクリート壁アパ-ト1Fの窓際にての計測です。
※測定は利用開始1か月未満のSH-01L、最初から入っているアプリ「ドコモスピードテスト

 

地域やその他使用条件で変わりますのであくまでも目安程度でご理解願います。

 

 

「W04」

発売当初高性能でしたが、時代の流れとともにそれを上回る機種が登場し過去の機種となってます。

しかし、メインで持ち歩いてますがダウンロードに困ったことはほぼないと思います。あれ?と思ったときはルーター自体が圏外のことがほとんど。ただ、複数の写真のアップロードを失敗することが多かったのですが、この数値がそれを物語ってそうです。

山手や物陰に入ると電波をつかみにくくなります。どこで契約しても同じと思うのでWiMAXの電波の宿命でしょうか??

この「W04」だけ使ってると気になりませんでしたが、Softbank電波の「601HW」と比べると電波の強弱が場所ではっきりしてます。

広い駐車場の決まった場所で圏外などの不思議な現象が起きていたりしてたので、これもWiMAX電波の弱みでしょうか。

 

 

「601HW」

 

縛りなしプランということで、弁済金39,800円(税抜)を避けるため大事に大事に家に鎮座していますw

もちろん屋内外ぜんぜん問題なく使え、「W04」と比較すると各種サイトYouTubeなど安定してネットが使用できることが体感できます。

Softbank電波なので物陰でも強く、W04より広範囲で使えますよ~。

WiMAXエリアとSoftbankエリアは同じようにみえて、安定度はSoftbankエリアに軍配があがると使用していて感じました。

 

 

「602HW」

この記事とともに契約、届いた「602HW 」。

上記2機種「W04」「601HW」は11時頃、この「602HW」は15時頃と時間帯の影響でしょうか!!!

「601HW」と「602HW」は仕様が同じなのに、アップロードが大幅に増しましたね!

 

 

よほどのヘビーな使い方をせず、3年使ってみるか!!という方、Softbank端末がええなぁという方は

 

 

月額2,800円(税抜)!と最安の『縛っちゃうプラン』

 

 

 

なにか新しいサービス始まった時にいつでも解約できるようにと構えてる方、端末はなんでもええよ~って方は、

月額3,300円(税抜)のこれでも十分安い『縛りなしプラン』

 

貴方はどちらにしますか??

 

 

 

さて、601HW端末を使っているとある時「通常速度を維持するための料金を請求させていただきます」と画面に表示されると思います。

え??請求??とドキドキするこの表示は…⁉

 

 

「通常速度を維持するための料金を請求させていただきます」の表示は問題ない

 

そうなのです、「通常速度を維持するための料金を請求させていただきます」の表示は問題ない何の問題もないのです。

とは言え、初めてこんなもの見た日にゃ驚きますよね?

 

サポートに問い合わせたところ、
『一定のギガ数に達した時表示するよう端末自体に組み込まれているもので、まったくもって気にすることないですよ。』

との回答をいただきました。

なるほど。聞くと安心はできますが、初めてみると驚きますよね~。

 

注意書き一枚でも端末に同封してもらえると安心して使えるんですけど、これから先同封されることがあるかな??

 

 

 

 

 

まとめ

 

結果的にデメリットの文字数が多くなりましたが、内容的には携帯電話の契約と同じようなことばかり。

メリットが四の五の言わない月額料金が安い!に尽きますからね、機能的には他業者と変わらないわけですから、注意点としてデメリットを並べてみました。

 

キャッシュバックのある他社さんで契約も経験ありますが、たまたま思い出した時が申請月で危うく貰い損ねたり、
他では申請月を過ぎていて「こんな分かりにくいの無理なんじゃないですか?」とやんわりメールしたら再手続してくれたり…と、キャッシュバック貰うのも大変です。

高額キャッシュバックになると月々の支払いに影響きてかなり高いですからね!

 

その点縛りなしWiFiは初めから安い定額で払い続けるだけですから、。

普通に使っていれば過失による故障なんて起きることはまずありませんし、かなりお得だとおもいます!!

 

この記事ついでにもう一台、縛っちゃうプランを契約しましたが、

巷の噂の様にサポートに電話がつながらないこともないし対応も普通ですし発送も極端に遅くもなく(金曜夕方の注文でしたので月曜の発送になるかと思えば日曜の午前中に発送完了メールが届くし。)

何ら問題もなかったです。

 

使い勝手は1台目で実証済みですので到着が楽しみです(#^.^#)

 

迷ってる方いたら、縛りなしWiFiどうですか??

機能は一緒、なのに月額安い!おすすめですよ~

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました